最近、ご老人の運転する自動車が暴走する事故が多発しています。
犠牲者には心よりお悔やみを申し上げます。事件が耳に入る度に本当に胸が締め付けられるような気持ちでいっぱいです。
これからの事故を無くすために、改めて本当の事故原因に自動車の誤作動ではなく、人為的な運転ミスがこの問題の根源にあること、その対応策について意見を述べておきたいと思います。

多くの場合、ブレーキを踏んだのに急発進したという言葉は、うそであると思います。
もし、真顔で言うならば免許を取り上げないといけない。自動車メーカーの技術と試験、たゆまぬ努力でそういう機械的な誤作動がないようにしてきた努力を聞けばよく分かると思います。
なぜならば、今の車はエンジンを掛ける時にボタンを押すケースが多いですが、ブレーキを踏んでいないとエンジンはかからず、またPからⅮレンジに前進ギアを入れる時も急発進防止のためにブレーキを踏まないとギアが入らない仕組みになっているからです。
少なからず、Dレンジに入れないと車は前進していないし、暴走しないので、ブレーキからアクセルへ足が踏み変わらないと車は前には進みません。運転手は必ず踏み換えしているはずであり、運転手の混乱的誤解か、うそを言っていると断定できます。
この種の事故にトヨタのプリウスが多いのは登録台数が多いせいもありますが、プリウスはPレンジがなくPボタンであり、ボタンを押して解除からDにギアを引きながら入れる操作に、高齢者が慣れ親しんだPからセレクトレバーをDに入れるという操作とのギャップがあり、誤作動が多いことが理由であると私は考えます。

で、何が言いたいのかと言えば、高齢者向けの車は昔から慣れ親しんだPレンジからDレンジにボタンを押してガチャガチャと入れるギアに変えてほしいということです。
そうすれば、高齢者の事故は激減すると考えます。実際に事故統計をとれば、高齢者とこのギアボックスのケースが圧倒的に多いことがわかります。